それなりのロスタイムライフ

サッカー素人な30代のおっさんがジュビロ磐田への想いや現地観戦記をダラダラと書くブログ

スポンサーリンク


優勝争いしてるクラブとの力の差を感じた横浜FM戦 ~J1リーグ 第28節~

こんばんは。がん(@shot_gun59)です。

 

横浜F・マリノス相手に0-2で負けてしまいました。

今日のブログを書こうと思う筆は重たいです

 

今日は何が何でも勝ち点3が欲しかった!!

鳥栖との勝ち点差を一桁で直接対決の6ポイントゲームに臨みたかったからです

 

16位鳥栖との差は10に広がりました

 

悪いサッカーではないというもどかしさ

前半からチャンスは作れてはいましたし、決して悪いサッカーではないというのはみなさんも結構思っているのではないでしょうか

(定義は人それぞれだとは思いますが)

 

前半30分までは特に良かったです

相手からボールを奪取するところも激しく行ってましたし

 

いい流れのタイミングでゴールを奪えずに裏を突かれてオウンゴールをしてしまうとちょっと流れが変わってきましたね

ロングボールでルキアンに当てるところがアジャストされて拾えなくなり、そのためパス回しの位置がまた低くなっていってしまって。。。

 

失点を避けたいのに…

悪くはないけど、ゴールが取れないというのは新体制になってからの話でもないかと思われます

 

おそらく中盤でそのスイッチとなるパスだったり、スプリントなりがあるはずなのですが、そこで後ろ重心となるケースが多いようにも感じます

 

今日もルキアンが前線でキープするものの誰もサポートに来ず、個の力で頼るケースが多かったです

ということもあり「なんでサポート来ないの?」と観ててイライラしてしまう部分もありました

 

勝ちたいし、ゴール決めたいという想いはプレーしてる選手のほうかが強いに決まってます

が、思ってしまいました。ごめんなさい。

 

勝てないクラブの典型というかなんというか「失点したくない」という恐怖心(?)なのか

 

攻撃は最大の防御なんですけど、攻めきれずに最大の防御は不発というか

 

自分でも書いててよくわかんなくなってきましたw

 

次節は運命の直接対決

次節の鳥栖戦です

理論上は可能性は残りますが、鳥栖戦で勝ち点3を奪えなければ降格決定と言ってしまっても過言ではありません。

 

幸いにも代表戦のおかげで時間はあります

しっかりと準備してしっかりとホームで勝ちましょう!

 

最後に

遠藤渓太選手が軽傷であることを願っております

スポンサーリンク

プライバシーポリシー