それなりのロスタイムライフ

サッカー素人な30代のおっさんがジュビロ磐田への想いや現地観戦記をダラダラと書くブログ

スポンサーリンク


後半アディショナルタイムに勝ち点1をつかみ取ったG大阪戦 ~J1リーグ 第23節~

こんばんはーーーー!がん(shot_gun59)です

 

よく追いついた!!!

いやーホントによく追いつきました!これはデカい!

 

割と諦めてるサポーターがTwitterは多かったようですけども、監督、コーチ陣、選手、現地サポーターは諦めてませんでしたね!!

 

 

という感じで私は諦めてなかった勢ではあるんですけど、まぁそれはあれですかな、お花畑だからですかね?

前半終了した段階で現地サポのメンタルを考えるようなタイプの人間ではないってことですw(私のブログだから好きなこと書くけど、なんか炎上しそうw)

 

問題の前半立ち上がり

最近のジュビロは前半の立ち上がり15分でミスをしたりなどで簡単に失点をしているということは明白でしたので、1つ目のテーマとしてここをどう耐えるかだった訳です

 

こちらは問題なくクリアできたのですが、とんでもない展開が待ってましたね。。。

 

ルキアン退場…

 

それは想定外。ゲームプランもへったくれもありません。

ガンバ大阪がジュビロ磐田の布陣に慣れてウィークポイントがバレ始めていたタイミングだったので、もう最悪な時間です

(他の人がボロクソに言うでしょうから私はこのくらいでサラッといきます)

 

解説の岩政さん曰く「唯一の救いは今日の中盤は運動量の多い選手」ということでなんとか耐えていくしかありません

 

退場以降の前半

それでも割とディフェンス陣は落ち着いてましたし、ある程度はしっかりと対応できていたと思います

もちろん、カミンのビッグセーブでなんとか凌いだというシーンもありました

 

なので、完璧なディフェンスだったかと言えば違うかもしれません

そんな中で無失点で前半を終えたいところでしたが、ちょっとした連携不足な部分でアンラッキーな失点。。。

 

おそらくですが、そこまでの落胆は選手の中にはなかったのではないでしょうか

どっちにしろ10人だった訳ですし、どこかでしょうがないという部分もあったはずです

なのでいい意味で上手く切り替えられたのかと!

 

一方、ガンバ大阪さんからしても「えっ?」みたいな感じで得点してしまったので相手は10人だし、あと2、3点は取れんじゃね?と油断した部分があるはずです

フワッと取れてしまったからこその油断

 

後半

とは言え、後半もゲームを支配するのはガンバ大阪。

なんとか跳ね返して大記にボールを預けてカウンターを試みるもさすがに大記にはその役目は重過ぎる

そうじゃなくても前半から走り回ってましたから

 

という訳でアダイウトン投入!!

ここで流れが少し変わりますが、持続していくのはやはり10人ではつらかったという感じでしょうか

 

大吾を投入してもう1度流れをという作戦でしたが、そこもなかなか上手くいかず…

 

が、サッカーの神様はまだジュビロを見捨ててなかった!!!!

投入した中山、ファビオ、大南までも前線にあげてのパワープレーが実って後半アディショナルタイムなんとかPK獲得!

 

これを落ち着いて決めて同点!!!!

そのまま試合終了して連敗ストップ!

 

なんとか望みをつなぎました

まだまだ反省点はたくさんあります。

でもこうやって勝ち点を少しずつでも積み上げていくしかありません!

 

 

今日は少しだけ喜んでもいいですよね?笑

ここから始まる磐田の反撃!

スポンサーリンク

プライバシーポリシー